今日もシェパ日和

ミックス犬「ルーク」とジャーマンシェパード「ライラ」の日々の暮らし日記

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長かった日曜の夜の出来事


Category: ライラ 胃捻転   Tags: ---
13日の日曜日の夜の出来事です。

いつもより遅めの夜ごはんをルークとライラにあげる。
20時半ぐらい。

食べ終わってガムをあげる。
21時前くらい。

その時、ライラの様子がなんかおかしいと思った。
大好きなおやつを残すはずないのに、食べ散らかしたまま水を飲みに。
でも、うまく飲めない。
その後、吐こうとするも吐けないということが何度か…

えっ!胃捻転???
お腹を確認してみる。
少し膨れているような。
でも、胃捻転って、もっと膨れる???
頭の中はパニックに。

ライラの落ち着きがなくなりうろうろし始めて、やっぱり吐こうとするも吐けない。
お腹がさらに膨れている。

やっぱり胃捻転やと思い、かかりつけの病院に電話するもでない。
この時21時すぎ。

以前にいくつか調べていた夜間救急病院に電話する。
でも、最初の2箇所に「うちでは対応できない」と断られる。
2回目に電話をしたところで箕面の救急病院を教えてくれたけど、遠すぎる。
いちばん近い救急病院は22時から。
大阪市内の21時からやってる救急病院に電話するも、ずっと話中。
もう待ってられないと、とりあえず車を走らせる。
車の中で何度も電話をし、やっと繋がった。
「すぐに連れて来て下さい」とのこと。

病院に着いたのが22時頃。
すぐに診てくれると思ったのに、たくさん来てて順番になると。
このまま待ってて大丈夫なんだろうかと不安に。
あまりにも遅いので、「大丈夫なんですか?」と受付に聞きにいくと、先生が出てきて、少しお腹を診て急変したらすぐに言って下さいと言って、また診察室に戻っていく。
急変したらって、それじゃ遅いよと、イライラしながらも待つしかなかった。
22時半頃診察室に呼ばれる。
とりあえずレントゲンを撮りますと言って奥に連れていかれる。
レントゲン結果、胃拡張になってると。
胃捻転まではなってないけど、なりかけですとの診断。
処置としては口からカテーテルを入れてガスを抜くけど、うまくいかない場合は切開して手術しますとのこと。
処置を始めたのが23時前。
23時半頃呼ばれて診察室に行くと、カテーテルではうまくガスが抜けない。
完全に胃がねじれてて胃捻転になってるこのまま手術に入りますって。

なんで?
さっきと言ってることが違うやん!
それやったらなんで初めから手術しといてくれへんの!
私「大丈夫なんですよね?助かるんですよね?」の言葉に
先生「胃捻転というのは怖い病気です。手術がうまくいったからといってもう安心というものではないです。五分五分です。」って。
五分五分ってなんなん?
さっきそんなん言わへんかったやん!
またも私はパニックに。
泣けてくるし…
手術を開始したのが24時前。

うまくいけば1時間くらいで終わりますって言ったのに、午前1時を過ぎてもまだ終わらない。
1時半頃、受付に「どうなんですか?」とたずねる。
「最善をつくしてます。」のみ。
とうとう2時を過ぎる。
もういちど聞きにいく。
「手術はうまくいって、今お腹を閉じてます。」と。
やっと終わったのが2時半をまわっていた。
少しほっとした。
やっぱり完全に胃がねじれた状態になっていて、まわりの臓器も一緒に巻き込んでいたらしい。
ライラ会わせてもらって、いったん家に帰る。
家に着いたのは3時半頃だった。

シャワーだけあびて、1時間半ほど寝て、ルークのお散歩に行きごはんだけあげて、ライラを迎えに。

ここは救急なので、応急処置だけしたらかかりつけの病院に行って下さいとのこと。
朝のライラの状態はよく、手術後に起こりやすい不整脈もでていないとのことで安心。
ってか、麻酔が覚めたあとのライラはかなり元気だったようで、点滴の管やタオルなど、口の届く範囲のものは全て噛み千切ってしまったらしい^_^;
この子は入院は難しいかもしれないので、主治医の先生と相談して下さいと言われた。

そしてこのまま、かかりつけの病院へ。
病院には先に連絡していたので、着いたらすぐに先生が出てきてくれた。
助かってよかったと。
胃捻転はいかに早く処置をするかが大事なので、早く見つけて早く手術できたことがよかったと(^^)
ライラの場合、胃捻転発症から手術までの時間は約3時間だったので、ほぼ問題なく回復してくれるでしょうと!
一応、1日入院しましょうかとのことだったけど、ライラ奥の部屋に行くまでかなり抵抗。
これを見て、入院はやめときましょうと。
たぶんパニックになってよけいに悪いからと。
ということで、点滴だけして帰宅。
脈の見方を教えてももらったので、不整脈がでたら連れてきて下さいと。

帰ってからのライラはぐったりしててしんどそうだったけど、やっぱり家が落ち着いて寝れるようでした。
傷口からの出血が少し多くて心配だったので、夕方傷口のチェックをしに病院へ。
このぐらいなら正常範囲なので、大丈夫ですとのこと。
よかった。

今日も点滴をしに病院へ行ってきました。
心拍数も元に戻り、熱も下がり、順調に回復してます。
ほんとによかった。

今回のことで学んだ事。
胃捻転かもと思ったらすぐに病院へ行くこと。
私、ライラの様子がおかしいと思って、胃捻転と思ったけど、まさかという思いがあって、旦那にも違うやろと言われ少し迷った。
胃捻転ってよく聞くけどなったことはなく、実際どれくらいお腹が膨れるのかも分からずかなり迷った。
病院へ向かう車の中でのライラの様子はけっこう落ち着いていて、吐こうとすることも減っていて、胃捻転じゃないわ、きっと私の勘違いで、なんともないですってすぐに帰ってこれるわって思った。

胃捻転って、いかに早く処置をするかということが大事。
6時間くらい経過したらかなり危険な状態になる。

それと、食事の前後に暴れたらなると思って胃捻転。
でもそうではないらしい。
ちょっと横に寝転んだ時、たまたまお腹にガスが溜まっていたときなど、ちょっとしたタイミングでなる。

胃捻転は怖いをいうことを知ってたから、食事の前後の運動などは絶対に避けていたし、気をつけていた。
にも関わらず、なってしまった。
ほんとにどんな状況でなるか分からない。

今回の手術で胃を固定する処置をしてもらっているけど、それでもなる子はなるらしい。
固定しているものが外れて回転したりするらい。
いっかいなった子は癖になる子もいてるみたい。
気をつけないと。

でもほんとによかった。
家にいるときで発見が早かったこと。
胃捻転かもと思ったこと。
手術をしてくれる病院があったこと。
ほんとによかったよ(*^_^*)

-----------------------------------------------------------------

あっ、今日私誕生日なんよ!
ライラが助かってくれたこと、それだけで十分やわ(^^♪
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

かなみ

Author:かなみ
♪ルーク 1999年4月20日生
 ミックス ♂
♪ライラ 2002年4月21日生
 ジャーマンシェパード ♀

ライラの血統書名
Tubina of Southern Cross
(ツビーナ オブ サザンクロス)
父 Oldo of Southern Cross
母 Pinky vom Pilsenhaus
祖父 Latz of Valiant

 
Twitter
 
 
 
カテゴリ
 
 
Birthday
…17歳1ヶ月14日… …14歳3ヶ月11日…
 
リンク
 
ブログランキング参加中
ぽちぽちっとよろしくね♪ br_decobanner_20100826114801_20110720212459.gif にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村
 
検索フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
 
訪問者数
現在の閲覧者数:
 
老犬介護グッズ
ライラの介護ベットはこれを使ってるよ
ムートンを敷くと床擦れ防止になるよ
術後はこれを着てたよ
【送料無料】医療用保護着 TピースC...

【送料無料】医療用保護着 TピースC...
価格:10,584円(税込、送料別)

一家に一枚あるといざという時便利だよ
【大型犬用介護用品】3WAY 抱...

【大型犬用介護用品】3WAY 抱...
価格:22,680円(税込、送料込)

これも使ってるよ
ルークのちっこパッドはこれ!!
これ使ってみたい!!
これもよさそうだね!!
これはいつ入荷されるんだろ?  大型犬用カートにいいよね!
 


Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。